greenyui.exblog.jp

みどりが少ないけど、みどりのブログ
by M--Masato
Top

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ:レビュー( 63 )
|
|
2006年 12月 31日 |
エラゴン 遺志を継ぐ者 公式サイト

小ドラゴン可愛かった。大ドラゴンもカッコイイ!
ストーリーに入り込みやすい正統派良作ファンタジー。
ヒロイン?が少し柴咲コウちゃんっぽいw
ロード・オブ・ザ・リングやナルニアを思い出しますが、
比較しても意味ないので、あまり比べませんが、ロードっぽいw
そして、ナルニアと同じ裏切りを受けたかな~。まぁ良いんだけど。

みどり評価 ★★★★★★★★★☆・・・9点
3部作と言う事で期待値もこめて9点。
次回作と完結作まで上り調子でお願いします。
もっと魅力的な仲間&敵キャラが出てくると良いな。
最近やってないRPGゲームを映画で楽しむ感じがいい。
今年映画館で観た映画は結局33作品。よく観ました。
みどりが今まで観た映画の数と同じくらいでは?w
来年もたくさん観ようかと思います。(12/27)
[PR]
by M--Masato | 2006-12-31 23:12 | レビュー |
2006年 12月 31日 |
王の男 公式サイト

-それより奥は、見てはならない-
見当ハズレの映画のキャッチコピー。
全然そんな秘密っぽさ、深さなど感じないけど・・・

暴君と言われた王も、もっと誰もが恐れるくらい
すげぇ奴かと思ったら、ただのマザコンでワガママなだけで
何か弱そうだし、迫力、威厳がない。

喜多嶋舞似?の王の妻は結構好きだったけど、
イ・ジュンギにはちょっと・・・
あれで、キザかクールな奴だったら、
カッコ良さそうだけど、何かなよなよしててキモイ。
顔もそんな好みではないしねぇ。きれいなツラだとは思うけど。
王とのカラミのシーンも無かった(爆)

みどり評価 ★★★★★★★☆☆☆・・・7点
作品自体は悪くないんだけどねぇ。何か物足りない。
主人公はイイ漢で結構好きでした。
もっと背徳的な、同性愛っぽい映画だと思ってましたw
それはそれで観たくないですが・・・汗
英雄~HERO~みたいなスケールがあればなぁ。
制作費が違いすぎるかw(12/26)
[PR]
by M--Masato | 2006-12-31 22:55 | レビュー |
2006年 12月 31日 |
NANA2 公式サイト

人気少女漫画の実写映画版の2作目ですね。
みどりは原作も知りませんし、1作目観てませんが、
市川由衣ちゃんを観に行きました(ぉぃ)
この映画を起承転結に分けるのなら、
承と転は、たまたま深夜アニメを観た時の内容とかぶってました。
期待していた結は不満ですけどね・・・

みどり評価 ★★★★★★★☆☆☆・・・7点
ビジュアル的には当たりですね。
市川由衣ちゃんが可愛かったので全て許しますw
ノブ役の成宮さん、シン役の本郷くん、タクミ役の玉山さん、
いずれも今年観た邦画に出演していましたねぇ。
音楽は好きなので、ライヴシーンは迫力あって良かったです。
このテの少女漫画系恋愛話は非常に苦手です。(12/19)
[PR]
by M--Masato | 2006-12-31 22:40 | レビュー |
2006年 11月 23日 |
『椿山課長の七日間』 公式サイト

突然死した中堅サラリーマンが、3日間だけ美女に姿を変えて
残された家族の元へ舞い戻るハートフルドラマ。
中高年層を中心に大反響を呼んだ浅田次郎の同名小説を、
『子ぎつねヘレン』の河野圭太監督がファンタジックに映像化した。
主人公の椿山課長には日本映画界を代表する名優の西田敏行、
絶世の美女となってよみがえった椿山課長には伊東美咲がふんする。
親子の愛や家族の間の秘密など、
現世で椿山課長が直面するエピソードの数々が身につまされる。

みどり評価 ★★★★★★★★★★・・・10点
意外な伏兵でした。よく笑い、よく泣きました。
志田未来ちゃん、おとなしいめだけど複雑事情で
芯の強い子の役は、お得意ですね。
和久井映見さん、お綺麗でした。いいなぁ、あの役。
伊東美咲さんの演技も不評な様?ですが、好きです。

お客さんが多く、年齢層がやや高かったので、
たくさんの笑いや涙がもれてました。
MOVIX宇都宮が3周年記念で、全日1000円デーでした。
せっかくなので、もう一本くらい観たかったですが、
上映時間、バスの時間など、タイミングが合わず、断念しました。
この映画が良かったので、満足したというのもあります。
さすがにこの後、テキサスチェンソーとか観るのもねw

別にザッピングはしてませんが、ゲームの
サウンドノベル『街』をどことなく思わせました。
人の想い、優しさ。みどりの一番好きなジャンルですね。(11/22(水))
[PR]
by M--Masato | 2006-11-23 01:34 | レビュー |
2006年 11月 23日 |
『手紙』公式サイト

【あらすじ】
直貴(山田孝之)の兄(玉山鉄二)は、
弟の学費欲しさに盗みに入った屋敷で誤って人を殺し服役中だった。
大学進学もあきらめ、工場で働く直貴の夢は
幼なじみの祐輔(尾上寛之)とお笑いでプロになることだったが、
毎月刑務所から届く兄の手紙が彼を現実に引き戻す。
そんな彼を食堂で働く由美子(沢尻エリカ)が見ていて……。

みどり評価 ★★★★★★★★★☆・・・9点
期待以上に良かったです。涙出てきました。
今年一番泣いた映画でしょうか。
沢尻嬢美しすぎます。山田孝之太ったよなぁ~
小田和正さんの『言葉にできない』がヤバイ!良すぎ!

何で、由美子(沢尻嬢の役)が、主人公を
あんなストーカー交じりなくらいw一途に好きなのかが、
さっぱり分かりませんでしたが(原作読めって?w)、
そういうものと思えば、作品自体は素晴らしく、
出演陣の演技が光ってました。

ケーズデンキかよ~うちにも来て~w

今回は、お客さんが自分以外女性が一人いただけ。
結構ぎりぎりの時間に行ったけど、エレベータ一緒だったので、
直前までお客さんゼロ状態だったって事かw
つぶれないでね、宇都宮テアトル。

今年30本目の劇場映画鑑賞!
ここ10本は邦画ばっかりですね。日本万歳!w(11/8(水))
[PR]
by M--Masato | 2006-11-23 00:58 | レビュー |
2006年 11月 11日 |
DEATH NOTE -デスノート- 公式サイト

実写映画『デスノート』の後編です。

史上最強のカリスマキャラクター・夜神月に扮する藤原竜也、
エキセントリックな天才Lになりきり続ける松山ケンイチら、
前編に引き続いてのメイン・キャストに加え、
後編でいよいよその本領を発揮するミサミサこと弥海砂役の戸田恵梨香、
原作とは異なるキャラクターで後編から新たに登場する高田清美役に片瀬那奈。
死神の声を演じるのは、リューク役に中村獅童、レム役に池畑慎之介と、
芸達者の二人が顔をそろえた。
増幅する衝撃、予測不能の展開、予断を許さない最終決着の行方…。
最後に訪れるのは生か、死か。
すべての答えは、デスノートの中にある。
“the Last name”そのノートに最後に名前を書かれるのは誰だ?

みどり評価 ★★★★★★★★★★・・・10点
非常にデキが良かったです。とても楽しめました。
前編では原作万歳!映画微妙?な感がありましたが、
後編は、監督、スタッフ、キャストの皆様に拍手!
戸田恵梨香ちゃんがすっごく可愛くて仕方ない・・・

上手いラストだったと思います。
前編の終わり方も、別の意味でちょっとびっくりしましたが、
今回のラストは、驚かされつつ、上手いなと思いました。

前編と共に、観る価値アリです。
思わずパンフレット買っちゃいましたw
捜査本部のメンバーの存在が薄いのが寂しいですが、
原作のエピソード全部は入れられないので仕方ないですね。
その分、主役二人、ミサミサや清美、リューク、レム、夜神パパの
魅力がよく描かれていて、良かったと思います。(11/7(火))
[PR]
by M--Masato | 2006-11-11 23:53 | レビュー |
2006年 11月 07日 |
【オトシモノ】公式サイト

映画初主演の沢尻エリカを筆頭に、
若槻千夏、小栗旬らの豪華キャストが実現した、
新機軸のホラームービー!

-ストーリー-
交通手段として誰もが気軽に利用している電車、そしてその駅。
そこで拾ったオトシモノに忌まわしい呪いが秘められていたとしたら?
---観る者をかつてない恐怖に引きずり込む『オトシモノ』。
これは新機軸のホラー映画だ!

駅でオトシモノの定期券を拾った者たちがその後、
次々と行方不明になるという事件が起こる。
彼らはどこに消えたのか?
駅に出現するという黒衣の女性と事件との関係は?
主人公の女子高生・木村奈々はオトシモノを拾ったばかりに
行方不明になってしまった妹を捜し続ける。

そんな彼女は、やはりオトシモノの呪いに翻弄されていた
クラスメイトの藤田香苗とともに謎の解明に乗り出すことに。

一方、鉄道会社に勤務する久我俊一は、
かつて行なわれたトンネル工事の作業中に禍々しい何かが
掘り起こされたことを知ってしまう。
その邪悪な力は奈々や香苗、
そして俊一の運命までもねじ曲げていく……!
みどり評価 ★★★★★★★☆☆☆・・・7点
キャストがなかなか個性派揃いでいいね!
沢尻&若槻の友情もなかなか良いね☆沢尻会メンバー?
映画自体は6点だけど、プラス1点。
もっと怖くもできただろうけど、びっくりさせて
心臓に悪いのはイヤなので、ちょうど良かったですw

あまり評判は良くないみたいね。
一緒に観に行った友人もいまいちな反応だった。
みどりは個人的に好きだった。
割と怖かったし、沢尻嬢主演だしw 映画初主演なのか?

杉本彩さん、板尾さん、小栗さんも
独特の雰囲気があって、なかなか良かった。(10/30(月))
[PR]
by M--Masato | 2006-11-07 12:30 | レビュー |
2006年 11月 07日 |
天使の卵 公式サイト

村山由佳原作のベストセラーが待望の映画化。
恋人の姉を愛してしまった青年の切なすぎるラブ・ストーリー。

-ストーリー-
美大志望の浪人生・歩太は、
ある日満員電車で出会った美しい女性が忘れられない。
数日後、彼は父親が入院している精神病院で、その女性・春妃と再会する。
彼女は父親の主治医であり、また歩太の恋人である夏妃の姉であった。
次第に春妃への想いを募らせ、抑え切れない歩太。
だが春妃はその想いに答えられない理由があった。

みどり評価 ★★★★★★★☆☆☆・・・7点
主人公よ、何故沢尻エリカでガマンできないんだ~~~!
年上の小西さんが何でそんなにいいのか・・・
そういう問題じゃないのは分かってるけどw共感できないなぁ・・・。
主題歌『君がいるから』は秀逸ですね!一番感動した(ぉぃ)

観客がカップル1組と酔っ払いのおっさん1人でした。
おっさん、出たり入ったりしてるし。カップルさんお邪魔でゴメンw

観たのは2週間くらい前ですが、レビュー遅くなりました。
この次の週に、『オトシモノ』を観ているので、
次に『手紙』を観ると、3連続沢尻エリカ嬢出演映画鑑賞でしたが、
『手紙』より先に『デスノート後編』を観に行きます。(10/25(水))
[PR]
by M--Masato | 2006-11-07 12:01 | レビュー |
2006年 10月 25日 |
日本以外全部沈没 公式サイト

もし、日本だけを残して、世界が全部沈んでしまったら?
壮大なスケールと奇想天外なアイディア、
そして超過激シーンの連続で贈る驚天動地、
空前絶後の社会派SFパニック・スペクタクル
筒井康隆の伝説的傑作「日本以外全部沈没」を完全映画化!

・・・というのは、言いすぎ。伝説的駄作の間違いでは?

みどり評価 ★★★☆☆☆☆☆☆☆・・・3点
最近公開した『日本沈没』を巧くパロってる訳でもなく、
ただのギャグ映画。笑える人には笑えるのかもしれないが、
作りの安っぽさに閉口。一番最後は寝てました。

久しぶりに母と映画を観ました。
笑える所もありましたが、下品さと失笑を買う所はまるでオヤジギャグ。
はっきり言って観る価値はありません。

もう少し面白い作品かと思ったんですけどねぇ・・・。
まぁつまらないと分かっただけで良しとします。
『日本沈没』と連動していればまだ良かったんですけどね。

作品内で、価格10万円になっていた『うまい棒』が、
入場者プレゼントでもらえましたw(10/22(日))
[PR]
by M--Masato | 2006-10-25 16:37 | レビュー |
2006年 10月 25日 |
劇場アニメ 『時をかける少女』 公式サイト

1965年の原作発表以来、幾度となく実写映像化されてきた
「時をかける少女」(著:筒井康隆 角川文庫刊)が、
初めてアニメーション映画に!

主人公は、紺野真琴17才。2006を生きる東京の女子高校生。
文字通り、かけぬけてます!!

みどり評価 ★★★★★★★★★★・・・10点
噂に違わぬ名作です。素晴らしい、文句なし。
みどりがめずらしくもう一度観たいと思いましたw
テンポも非常に良く、演出、アニメーションが秀逸です。

声優さんを有名どころで固めなかったのが、
逆に良かったと思われますw
タイムリープって、ゲームのセーブ→リセット→ロードみたいw(10/18(水))
[PR]
by M--Masato | 2006-10-25 16:17 | レビュー |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original by Sun&Moon